働く女性と専業主婦

女性の仕事についている人は常に社会との接点を持っているため政治、経済など内外の情勢についての関心が専業主婦に比べると強いといえます。また、ファッションや世の中の流行に関しても敏感です。このような物事への関心の高さは精神がポジティブ志向で五感を常に働かせていると言う点から人間としても魅力的です。話をしても話題が豊富で、さまざまな経験を積んで来たことが隅々からあふれていて、打てば響くような反応を示してくれます。

専業主婦になってしまうと行動範囲が家庭と子供の通う学校、ス-パーなどに限定されてしまいます。交際も専業主婦中心なり話題も子供のことやテレビの番組のことなどなど狭い範囲になってしまいあまり生産的ではありません。主婦仲間で子育てのストレスを発散させることも大切ですが、ときには街へ出て観劇でも映画でも美術館巡りでも良いので見聞を広めて街の空気を吸い街の様子を観察してみることが必要かと思います。
働いている女性は、常に誰からか見られているという意識があるため見出しなみもしっかりしており、毎日の服装などにも気を配って自分を魅力的に見せることに力を注いでいます。
年を重ねてもアクティブで生き生きと行動している女性と、主婦の世界に閉じこもってママ友達と世間話をして一日を過ごしている女性とでは、外見も内面もかなり変わってくるでしょう。ただ、生き方は人それぞれなのでどちらが良い悪いとは言えません。しかし前者の女性の方が、視野が広いため面白く楽しい人生が送れるのではないかと思います。子育てが一段落した方は、少し外の世界に触れてみるといいかもしれません。
子育てしながら働こうと考えている方は、ぜひ下記のサイトを参考にしてみてください。
参考サイト『ワーキングウーマン雑学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>