ワンオペ育児の問題

日本では、男女共働きが当たり前になりつつあります。そんな中、育児をすべて女性に任せきりするワンオペ育児が問題になっています。女性も働いているのに「育児は女性がするもの」と決めつけ、すべて育児をさせるのは、家庭の在り方として理想的とはいえません。

こうした問題を解決するためには、日本の「育児は女性がするもの」という価値観を変えていく必要があります。この価値観が変われば、男性の育児参加が当たり前になり、男性社会の労働の仕組みも変わっていくでしょう。

仕事と育児を抱え、ストレス過多になってしまう女性は大勢います。そんな女性をいち早く助けるために、国全体で早急な対策を取ることが求められています。